朝原宣治

朝原 宣治あさはら のぶはる、1972年6月21日 - )は 兵庫県神戸市北区出身の陸上選手。

 

経歴

小部東小―小部中―夢野台高―同志社大―大阪ガス

小部中時代はハンドボール部レギュラーで全国大会出場果たす。なお、現在同中学校のハンドボール部は廃部となっている。 陸上競技は夢野台高から始め、高3時に走幅跳でインターハイ優勝。

当初は走幅跳が専門だったが、同志社大学在籍中の1993年10月26日に行われた国体の100mにおいて、当時の日本記録である10秒19をマークして優勝し、以後、スプリンターとしても注目されることになった。 当時和製カール・ルイスと呼ばれた。 愛称はノビー。

100mの功績は大きく、1993年の10秒19、1996年の10秒14、1998年の10秒08と、日本人として初めて10秒1台、10秒0台を記録し、日本記録を3回更新した。 また、オリンピック、世界陸上の100mでは、1996年のアトランタ、1997年のアテネ、2001年のエドモントン、2003年のパリ、2007年の大阪と、5回準決勝に進出している。

2001年から、走幅跳を封印し、100mを専門にすることにした。 自己ベスト100m:10秒02(日本歴代2位)。200m:20秒39(日本歴代4位)走幅跳:8メートル13(日本歴代4位)

2007年世界陸上では日本代表のアンカーとして4x100mリレーに出場。決勝で5位入賞(38秒03 アジア新記録・日本新記録)

妻はシンクロナイズドスイミングの名選手で、バルセロナオリンピックでは銅メダル、1994年ローマ世界水泳選手権で銀メダルを獲得した奥野史子。長男と長女のふたりの子がいる。

2008年 年齢をおして(世界陸上大阪大会時で35歳)現役続行を宣言した。記録もさることながら、容姿も若く見られることが多い。また、4月の織田幹夫記念陸上競技大会では風邪を押して出場したが、10秒17という35歳の年齢では驚異的な記録を樹立した。